ニチビアルフ®

ニチビアルフ®について

ニチビアルフ®

ニチビアルミナ長繊維ニチビアルフは、当社が持っているビニロン乾式紡糸技術を基に開発した連続アルミナ繊維です。
ニチビアルフの組成は、Al2O3 72%、SiO2 28%からなり、繊維径は7ミクロンおよび10ミクロンと細く、微細な結晶粒子より形成されています。細い繊維を束にしたヤーンは柔軟性に富み、他の繊維の補強なしにクロス、スリーブなど各種製品に加工できます。
ニチビアルフは、耐熱性および加工性に優れ、強度が強く、弾性率も大きく、かつ電気絶縁性など多くの特性を兼ね備えており、幅広い用途が期待できます。

品種表 はこちら
  • ・ クロス
  • ・ 縫糸
  • ・ ロープ、コード
  • ・ スリーブ
  • ・ テープ
  • ・ その他
物性表 はこちら

ニチビアルフ®の特徴

・ 耐熱性に優れ、加熱後も優れた強度、柔軟性を有します。

・ 加工性に優れています。

・ 高強度、高弾性率です。

・ 耐食性に優れています。

・ 電気絶縁性です。

・ 吸湿性がありません。

・ 遮熱性に優れています。

ニチビアルフ®の用途

  • ◆ 炉内張り材
  • ◆ 遮熱カーテン
  • ◆ 炉内搬送ローラーカバー材
  • ◆ 金属熱処理用スペーサー
  • ◆ アルミニウム溶湯用フィルター
  • ◆ 補償導線・熱電対等耐熱絶縁被覆材
  • ◆ 触媒担体

ニチビアルフ®とRCFの規制について

  • ニチビアルフは労働安全衛生法等で規制されているリフラクトリーセラミックファイバー(RCF)とは
    異なります。したがって、「特定化学物質障害予防規則」等の適用を受けません。
  • RCF製品をニチビアルフで覆った縫製加工品は粉じん・発散を防止する処理が講じられ、
    内容物のRCFを外部に露出・発散させる作業をしない限り「特定化学物質障害予防規則」等の
    適用を受けません。
お問い合わせはこちら 産業素材部 アルミナ長繊維課